怪我・痛みのコラム

東京23FC

当院でサポートしてます

リガーレ

整形外科医が企画したスポーツジム

コラムについて

こちらでは代表的な症状などをご紹介致します。


【怪我をした時の対応】

怪我をした際、さらなる悪化を防ぐため初期の対応が重要となります。
また、怪我をした直後の対応が適切であると、改善を早めることができたり、スポーツ復帰をスムーズにすることができます。
スポーツに関わる方は以下の内容を覚えることが重要です。

Protection(固定)
足首や手首の怪我であれば、テーピングや副え木、ダンボールを用いて動かないように固定します。肩であれば、三角巾を用いて保護をしていきます。

Rest(安静)
怪我をした部位にストレスをかけないよう、安静にします。

Icing(冷却)
炎症を抑えるためにIcingを実施します。袋に氷を入れ、熱感がある部位に当てます。冷やす時間は15〜20分程度で行います。

Compression(圧迫)
患部内の出血を抑えるため、圧迫します。しびれや痛みが出ない適度な強さで圧迫していきます。

Elevation(挙上)
患部の出血が滞らないように、患部を挙上し循環を促します。
怪我をした部位を心臓より上の位置にあげます。